FXの取引きで注意すべきこと


sdfsdf7 FXは異なる2つの通貨を一組のペアとし、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用し、その通貨をお互いに売買していきながら、その為替差損益を求めていく投資取引になります。

取引きの流れとしては、新規の売買注文で通貨を保持し、その通貨に為替レートの変動で評価損益が生まれるのを待ち、決済の売買注文で通貨を解消して、利益や損失を確定させていくことを一連とします。

FX取引で一番に重要な要因は、この通貨の価値を変動させる為替相場の値動きになります。
為替相場の値動きは、その通貨を発行している国や地域の経済状況や政治動向と密接にかかわりを持っています。基本的には、経済状態が好調で国政が安定している通貨には人気が集まって価値が上がり、逆に経済が不調で政治が不安定な国や地域の通貨は人気が集まらず価値が下がる傾向があります。

安定のFX・BOブローカー→ ハイローオーストラリア

この変動の要素に付け加え、それぞれの国同士の関係性や地域の安定、安全、また紛争やテロ、大きな自然災害なども為替相場を変動させる要因であり、さらには、その要因を読み解いて通貨を売買している投資家たちの心理状況も、外国為替市場の値動きに大きな影響を与えます。

例えば、相場に乱高下が生まれ、一般の投資家が相場から逃げるような気配が入ると、次の値動きを狙おうとするファンドマネージャーなどのいわゆるプロの投資家が、いろいろな仕掛けを用意して、再び投資家が戻ってきたところを狙おうとすることもあるのです。
こうしたことにより、こ為替相場は24時間、秒単位で刻一刻と変動を続けているのです。

FXで利益を上げるためには、この為替相場の値動きを分析して、どのように変動していくのかを予測していくことが大事な要素になっていくのですが、実際のところ、為替レートの動きを完全に読み切ることは不可能です。

つまり、FX取引ではこの予測が非常に難しい為替レートに対して、どのように分析してどのように利益を掴んで、どのように損失を防いでいくのか、という事が課題になります。

例えば、スキャルピングトレードという投資手法があります。これは、通貨を極めて短期間で売買し、利益を細かく積み上げていくという方法で、一日に数十回も取引きをする投資家もいます。

じつは、これもFXのリスクを回避する投資方法の一つで、通貨を保持している期間を保持する時間を極力小さくすることで、為替レートの急激な変動によるリスクを軽減しているのです。
しかしながら、当然利益は少なくなってしまうために、証拠金を担保にFX業者から投資金を借りて大きな量の通貨で投資取引を行う「レバレッジ」という仕組みをふんだんに使い、そのデメリットを穴埋めしているのです。

しかしながら、もちろんこのスキャルピングトレードにも弱点はあります。取引きをしている間は、ずっと為替レートの前にいなくてはならず、瞬間的な判断をし続けなくてはならないため、精神的に疲弊しますし、時間も取られてしまいます。
また、高いレバレッジを使用しているために、万が一、スキャルピングトレードでも負いきれないほどの通貨の急激な変動があった場合には、一瞬にしてそれまでの利益をすべて帳消しにしてしまうような損失を受けてしまったり、場合によっては、FXが続けられないほどの大損失を被る可能性もあるのです。

また、通貨のペアになっている2つの通貨の事を通貨ペアと言いますが、この通貨ペアの金利の差を「スワップポイント」と呼び、金利の低い通貨を使って金利の高い通貨を買って保持していると、日ごとにそのスワップポイントを受け取れるという仕組みがあることから、通貨を長期間に渡って保持してその利益を求めていく投資スタイルもあります。

多くの場合はこの取引方法では、先に出てきたレバレッジを低く使い、為替レートの変動の被害を大きく受けないように調整をしてリスクを軽減するようにしています。

しかし、このスワップポイントを狙った長期間の投資スタイルも、その間に通貨を保持している国の情勢が変わって政策金利の変更が行われたり、大きな為替レートの変動で、保持している通貨の価値に含み損が広がってしまい、このままでは投資家に巨大な損失が出ると考えたFX取引業者が、強制的に保持している通貨を決済してしまう「ロスカット」を発動させて。結果、すべてが無駄になった上に大きな損失額だけが残る、というケースも実際にあるのです。

残念ながら、このようなことを完全に防ぎきることはできません。
そして、相場を舞台にしたFX取引きを使って利益を得ようとする限りは、のがれることができないのです。
こうした状況で生き残り、利益を積み上げていって、資産を増やしていくためには、冷静な判断力と、損失から逃げるのではなく、小さい段階で取引きをやめる強い意志を持つことが必要になります。

FXでは、自分の意思で為替レートを変動させて利益を伸ばすことはできません。しかし、損失が出た場合は、自分の意思でそれを小さくすることができるのです。
損失を小さく抑えることができれば、用意している資金の減りを抑えることができます。資金を長く使うことができれば、投資をする機会がが増え、結果的に利益を掴むチャンスを増やすことができるのです。

もし、FXを行っていて、勝っているイメージがあるのに資産が増えていかないのであれば、損失のリスクを考え直してみて、これを積極的に小さく取り込む、という事を念頭に置きつつ、自身の取引きの方法を再度練り直してみることをお勧めします。